ピアノ音楽教室〔子供対象〕

piano

指導方針

ひとりひとりの希望に合わせた指導内容を計画いたします!

子どもたちにはぜひ永く音楽とつきあってもらいたい。”音楽を人生の友に・・・”。
楽しくピアノのお稽古をしていくには、ピアノの指のテクニックだけではなく、 音楽を楽しむこと、感じることが大切だと思います。 子どもたちのレッスンでは、ピアノ個人レッスンとグループレッスンを 融合させた方法を行っています。個人レッスンではピアノを弾くための指の練習、 グループレッスンでは、ソルフェージュ、アンサンブルを行います。
また、プロフェッショナルな演奏技術の向上を目指す方を対象に、上級レッスンをご用意しています。 音楽学校への受験、留学やコンクールを目指す方につきましては、随時ご相談も承ります。
ピアノのレッスンを通じて、「楽しい・充実した」そんな時間を過ごしていただければと思っております。

コース紹介

導入プログラム
(3才~)
個人ピアノレッスン(月3回 20分)+ 少人数グループレッスン(月1回 40分)
個人ピアノレッスンでは指の練習。グループレッスンでは、3~4名の少人数で、歌をうたったり、身体を動かしたりして、身体じゅうで音感やリズム感を養いながら、音楽を楽しむことを体感していきます。
*週1回年間42回 + 発表会
基本プログラム 個人ピアノレッスン(月3回 30分)+ 発表会少人数グループレッスン(月1回 60分)
グループレッスンでは、ソルフェージュやアンサンブルを3~4名の少人数で行います。 ソルフェージュは、音感やリズム感を養うレッスンです。 視唱(楽譜を見て歌うこと)や調音(ピアノの音を聴き取って書くこと)、 そしてリズムを身体で感じられるようにするために行います。 アンサンブルは、連弾や二台のピアノ、3人でピアノを演奏します。
*週1回年間42回
初級 1回30分の個人レッスンです。
*週1回年間42回 + 発表会
中級 1回45分の個人レッスンです。
少しピアノに慣れてきたから、難しい曲もカッコイイ曲にも挑戦したい!
そんな時は、専門的なテクニックも覚えていきましょう。
上級 1回60分の個人レッスンです。
音楽の道に進みたい。コンクールを受けたい。
専門的な演奏法教育。

 

ソルフェージュ

楽典=音楽の基礎的な決まり・知識
聴音=ピアノで弾いたメロディ、和音、リズム等を聴き取り楽譜に書く
新曲視唱=初めて見るメロディ譜をピアノ伴奏無しでドレミで歌う、など
音楽を学ぶために必要なトレーニングを総合的に行なう事です。

アンサンブル

歌に合唱、他の楽器にオーケストラや吹奏楽があるように、ピアノを習っている子も積極的にアンサンブルを体験してほしいと考えます。お友達と一緒に連弾などでアンサンブルをすることで、いつも一人で練習しているときとはまた別の楽しさを感じてほしいと思います。また、一人ではまだ弾けないような曲を弾くこともできますし、音の幅も広がり、きっとピアノへの興味が増すでしょう。一緒に演奏することで、一人ひとり、いい刺激にもなります。

講師紹介

柴田典子(しばたのりこ)ウィーン・コンセルヴァトリウム私立大学卒              杉原裕美(すぎはらひろみ)愛媛大学教育学部音楽文化コースピアノ科卒             山本 絵里子(やまもとえりこ)桐朋学園大学音楽部ピアノ専攻卒、同大学大学院修了。      前田 勇佑(まえだ ゆうすけ)                         都市立芸術大学卒、同大学院修了。ドイツ国立フランツ・リスト・ワイマール音楽大学卒、同大学院修了。コンツェルトエグザメン(ドイツ国家演奏家資格)取得。

お問い合わせ

TEL&FAX 0537-21-1893(担当:高橋)