嫁入り日和

すっかりブログが御無沙汰しておりました!

久しぶりにGala工房から嫁入りベーゼン嬢(!?)について。

震災後、巷では「結婚が流行ってる」なんていわれておりますが、結婚ってそもそも流行りがあるものなの???大事な人と日常を過ごすことの大切さに、この震災で多くの方が気づいたということでしょう。

さて、この度嫁入りしたのはベーゼンドルファーModel200.

彼女(?)は青梅市に行くことになりました。お相手のK様は2度ほど掛川までお越しくださいまして、彼女に魅かれていったのです。私どもピアノ販売をしているものにとって、ピアノとお客様の出会いは、本当にお見合いの仲人さんのような気持ちで携わらせていただいております。

心の中では、“ウチの娘(ピアノ)を気にいってもらえるかしら・・・。”

“良いお相手だといいんだけど・・・。”などと心配しております。

この度のご主人さまは、心優しい、ベーゼン嬢を心からかわいがっていただけそうな、素敵な御夫婦でいらっしゃいました。ベーゼンドルファーという楽器を通しての出会いはいつも素晴らしい方との出会いでもあります。

ベーゼンドルファーの音色を一緒に語り合える仲間がまた広がったと思いますと本当にうれしいかぎりです。

昨日、Gala工房を出発しました。お届けするまで楽しみにお待ちください!K様。

巨大な靴

いえいえ、ベーゼン嬢が大切に運ばれるお姿です。

あら、失礼!お腹を見せてしまいましたわねっ。

脚も外され、大切に運ばれるんです。

K様が初めてベーゼン嬢に会われたときは桜が満開でしたね。

新緑の美しい季節、ベーゼン嬢は嫁入りしていきました。