“すごい出会”!?

先週の金曜日の夜、1本のお電話をいただきました。

「Gala工房さんですか?明日の土曜日は営業されてますか?」と。

ウチはショールームの上の階に私が管理人のように住まいにしてますので、事前にお電話くだされば、いつでもOK。何時でもいいですよ~先方様は、まさかそんな答えがかえってくると想像していなかったようで、

「ちょっと、ちょっとお待ちください・・・。(後ろにいる奥様とご相談している様子・・・)

 では、明日1時に伺わせていただきます。」

ということで、翌日にお越しいただきました。

ご様子から、すぐにでもベーゼンドルファーの音を出して音色を楽しみたいと、ご遠方から急いでいらっしゃったのでは・・・。まずは、ベーゼン200嬢で1曲。そして響きを確認するようにベーゼン170etc.

そして、数分後。

「こちらの200がいいですねぇ。」とビビッときた様子

今回お越しいただきましたのは、株式会社すごい会議 代表 大橋禅太郎様 由紀子様です。

大橋様のお仕事はコーチングです。

まさに会社の経営を向上させる手助けをしていらっしゃる方で、「世直し隊」を実践されているお方。そのようなお忙しい方が、感性豊かにピアノを奏でていらっしゃる。そして出張先でもレッスン室を借りてレッスンするほどピアノの虜になっていらっしゃる。

日本経済は今大変だ、とばかりに文化に対して軽視する見方の多い中、本当に大橋様の生き方は素晴らしいと思います。

大橋様から、「金曜にお電話して、夜8時すぎでしたので、出なかったら縁がないと思ったのにつながり、土日休みだったら・・・と思ったのに営業していて、そして出合ってしまい、縁とは上手くいくときには上手くいくもんですよね。」ということで

ベーゼン200嬢の御購入決定。

その後下記のようなメッセージを由紀子様からいただきました。

“まるで、いいところのお嬢さんに結婚を申し込みに行くようなピアノの購入儀式でした。

やはり、ベーゼンドルファーのピアノには“すごい出会い”があるものだなと

素晴らしい出会いに感謝です。

そして昨日。ベーゼン200嬢は最終調整も終えて大橋様宅へ向けて出発しました。

街路樹も少しずつ色づきはじめ、秋のさわやかな日差しの中、嫁いでいきました。