“アンサンブルピアニスト講座~チェロ編~”受講生募集

ベーゼンドルファーのピアノを使用し、世界に活躍しているチェリストと一緒に伴奏ピアノについて学ぶ講座を企画しました。10月~1月、全5回で、小品2曲とソナタ1曲を完成させます。HP

ピアノが弾ける方にとって、ピアノはソロで弾くばかりではありません。弦楽器・管楽器の音楽家と一緒に弾くアンサンブル、コンクールや試験の伴奏、音楽教室の発表会などピアノが弾けるといろいろな場面でお声がかかることがあると思います。

しかし、『伴奏について専門に勉強したことがないな。』と自信なく弾いていることないですか?

今回の講座全5回を通して、音楽に対する理解を深め、“自分たちのの音楽づくり”のレッスンをしましょう。

<対象者>
 講座の全日程を受講できる方 
      受講者6名 (8月31日締切)
      聴講生30名(各講座前日締切)

<講師> ピアノ : ウララ・ササキ、 チェロ : マルモ・ササキ 

<受講料> 受講者 ¥55,000
全5回 公開レッスンにさせていただきます。
レッスン4回(50分)、サロンコンサートホールでの発表会、
発表会後の講師陣のコンサートチケット1枚(¥3000)を含みます。
※レッスンは、ベーゼンドルファーModel225使用。

聴講者 1回 ¥2,000 (第5回発表会は¥500)

世界で活躍するチェリストとピアニストが互いに新しいアイディアを出し合い、積極的に1つの曲を創り上げるために、

スコアの読み方、アンサンブルのお相手とのコミュニケーションの取り方、 他楽器(チェロ)の理解、音色づくり。立体的な音楽づくり

などをピアノレッスンに取り入れていきます。また、アンサンブルをすることでソロでピアノを弾く時の視野も広がります。

<日程>
第1回 10月19日(月)会場 :Gala工房                 講師:ピアノ
第2回 11月16日(月)会場: Gala 工房                講師:ピアノ+チェロ
第3回 12月14日(月) 会場:Gala工房                 講師: ピアノ
第4回 1月15日(金)会場: かねもティーカルチャーホール     講師: ピアノ+チェロ
第5回 1月16日(土)会場:かねもティーカルチャーホール(発表会)   講師: ピアノ+チェロ

※ 1月16日13:00開場 14:00開演
  かねもクラシックコンサート マルモ&ウララ チェロアンサンブルリサイタル

<課題曲> 小品2曲+ソナタ、他1曲 
希望曲もOKです。下記の一覧の中から小品、ソナタから各第2希望まで選んでください。(ソナタは楽章単位で選択してください。)

■小品 
ドレミ出版 チェロ名曲31選 藤沢俊樹編のなかから1曲。

白鳥、エレジー、2つのメヌエット、モルダウ、グリーンスリーブス、わが母の教えたまいし歌
ロンドンデリーの歌、真珠採りの歌、メヌエットト長調、ソナチネ、エターナリー(テリーのテーマ)
サンライズサンセット、愛の讃歌、ラルゴ、ジムノペディ第1番、トロイメライ、アリオーソ、

G線上のアリア、感傷的なワルツ、愛のあいさつ、春の歌、エンターテイナー、美しきロスマリン、

シューベルトのセレナーデ、夢のあとに、シチリアーノ、エレジー、アンダルーサ、ギターの調べ、みつばち、コルニドライ

■ソナタ、他
ブラームス:ソナタ1番 ヘンレ版、ウィーン原典版
ブラームス:ソナタ2番 ヘンレ版、ウィーン原典版
ベートーベン:ソナタ3番イ長調 ヘンレ版
ベートーベン:モーツァルト「魔笛」の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲 変ホ長 WoO 46 ヘンレ版
ベートーベン:ヘンデル「ユダ・マカベウス」の「見よ勇者は帰る」の主題による12の変奏曲 ト長調 WoO 45 ヘンレ版

グリーク:ソナタ ヘンレ版
シューマン:アダージョとアレグロ IMC出版
シューマン:幻想小曲集作品73 ヘンレ版
シュトラウス:ソナタヘ長調 ユニバーサル版
ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ
メンデルスゾーン:ソナタニ長調 ヘンレ版

<講師> 
ウララ・ササキ(ピアノ)Urara Sasaki, PianoHP

12才でフェニーチェ劇場(伊)にてデビューコンサート。パドヴァ国立音楽院を首席・名誉賞を得て卒業。ウィーン国立音楽大学ソリストクラスを“審査員全員一致最高点”を得て首席卒業。R.ブッフビンダー、T.ニコライエヴァ、H.メディモレッツ各氏に師事。バイロイト国際音楽コンクール(独)ピアノ部門第一位及びバイロイト市長賞をはじめ、ロンゴ音楽コンクール(伊)、ロベレ・ドーロ国際音楽コンクール(伊)、ガルガーノ音楽コンクール、トーレ・オルサイア国際音楽コンクール等で優勝、ウィーン・ムジーク・フェラインザールにて行われたベーゼンドルファーピアノコンクールで第二位を受賞。欧米各地で演奏活動を行う。バーゼル・シンフォニーオーケストラとプロコフィエフのピアノコンチェルト第1番を協演し、「冷静で論理的でありながら多彩な色彩感覚でプロコフィエフの世界を見事に作り出し聴衆を魅了させた」と評される。その他バイロイト・ゲラ交響楽団、ロイヤルチェンバーオーケストラ、日本センチュリー交響楽団等と協演。東京オペラシティ及び、田園ホールエローラにてリサイタルを行うなどソリストとして活躍する他、海外の著名な演奏家と共演するなど、多彩な活動を行っており、その模様はNHKテレビ・ラジオでも放映されている。
日本アコースティックレコーズよりピアノ教材ギロックCD、カメラータ・トウキョウよりソロアルバムをリリース。
武蔵野音楽大学非常勤講師、(一社)大阪国際音楽アカデミー理事。高松国際ピアノコンクール審査員。草津国際フェスティバル公式ピアニスト。日本ギロック協会名誉会員。ピアノ教師のための公開講座やトークコンサートや執筆活動も行っている。

マルモ・ササキ Marumo Sasaki, CelloHPmarumo
パドヴァ国立音楽院を首席卒業。ローザンヌ音楽院でヴィルトゥオーゾクラスを一等賞及び名誉賞を得て卒業。ベルリン国立芸術大学大学院ソリストクラスを修了。これまでに林峰男、W.ベットヒャー、D.ゲリンガス各氏に師事。ジェノヴァ国際チェロコンクール、アスペッタルティ国際音楽コンクール(伊)他、多数優勝。15歳でタルティーニ管弦楽団と協演、ローザンヌ室内管弦楽団、バーデン=バーデン・フィルハーモニー管弦楽団等のソリストとして協演。L.バーンスタイン創立のシュレスビッヒホルシュタイン音楽祭管弦楽団で首席チェロ奏者を務める。カールフレッシュアカデミー(独)で “Förderpreis”を受賞し、「サン=サーンスのコンチェルトを素晴らしい輝きを持って演奏した」と評される。ベルリン・ドイツ交響楽団の室内楽定期演奏会(於ベルリン・フィルハーモニー・ホール)のゲストとして出演。ベルリンブランデンブルク門広場での音楽祭でソリストとしてオーケストラと協演し、好評を得る。ベルリン・ジャック・ティボー弦楽三重奏団と1か月に及ぶUSAツアー、父と姉妹で結成された「パドヴァ・トリオ」での活動の他、ヨーロッパ各地でリサイタルを行う。ベルリン交響楽団を経て、500年の歴史を誇るベルリン国立管弦楽団(音楽監督D.バレンボイム)に初のアジア人―永久正団員として入団し6年間在籍、首席補佐も務める。現在、ソロ及び室内楽等、幅広く演奏活動を行っている。2011年東日本大震災に際し、世界的に有名なオペラの殿堂、ヴェネツィア・フェニーチェ歌劇場で大震災支援チャリティーコンサートを行う。ソロCD「チェロペラ〜歌劇場の思い出(CELLOPERA – Opera House Remembrance)」マルモ(チェロ)&ウララ(ピアノ)をリリース、音楽批評誌にて好評を得る。 www.marumosasaki.de

<会場>

①Gala工房
静岡県掛川市長谷1丁目15-6☎0537-21-1893
JR「掛川駅」より車で約5分
天竜浜名湖線「掛川市役所前」から徒歩約10分
東名高速道路「掛川インター」から車で約10分

②茶の蔵かねもティーカルチャーホール
静岡県掛川市掛川70 ☎0537-22-3145
JR掛川駅より徒歩約10分
東名掛川ICより車で約5分

<問合せ・お申し込み先> Gala工房 電話&FAX 0537-21-1893